Techniical-support

windows server 2019へFTPサーバ機能を追加してみた

こんにちは。SRE課の下西です。
今回はwindows server 2019にFTP機能を追加してみたのでそのことを記事にしていきます。

FTPのインストール

まずは対象の windows server へログインします。
[スタートメニュー]→[サーバーマネージャー]→[②役割と機能の追加]の順でクリック。

[開始する前に]のページはそのまま[次へ]

[インストールの種類の選択]
[役割ベースまたは機能ベースのインストール]にチェックが入っていることを確認し、[次へ]

[対象サーバーの選択]
[対象サーバ名]が選択されているので、[次へ]

[サーバーの役割の選択]
[Webサーバー(IIS)]を選択→[管理ツールを含める(存在する場合)]にチェックが入っていることを確認し、[機能の追加]を選択し、[次へ]

[機能の選択]画面は[次へ]
[Webサーバの役割(IIS)]は[次へ]

[役割サービスの選択]
[FTPサーバー]にチェックを入れ、[FTP拡張]にもチェックを入れる。
[Webサーバ]のチェックを外し、[管理ツール]→[IIS管理コンソール]にチェックを入れ、[次へ]

[インストールオプションの確認]
[必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する]にチェックがないことを確認し以下機能がインストール予定であることを確認。

問題ないことを確認し、[インストール]ボタンを押す。
 ※数分待つと完了する

FTPアカウント追加

デスクトップ左下にある検索[虫眼鏡]アイコンを押し、[コンピューターの管理]と入力し、Enterを押す。
[ローカルユーザとグループ]→[ユーザ]をダブルクリック。
右側操作項目から[他の操作]をクリックし、[新しいユーザ]をクリックする。

[ユーザ名]に「FTPユーザ名」を入れ、[パスワード]に[任意のパスワード]を入れる。※確認入力も同じパスワードを入力。
[ユーザは次回ログオン時にパスワードの変更が必要]項目からチェックを外し、[作成]ボタンを押す。
 ※パスワードが短い文字列だと怒られるので適切な長さのパスワードが必要になります

FTPサイトの作成

[コンピューターの管理]から
[サービスとアプリケーション]→[インターネットインフォメーション(IIS)マネージャー]をダブルクリック。
[(サーバ名)ホーム]の[>]をクリック→[サイト]→右側に操作項目が出るので[FTPサイトの追加...]をクリック。

[FTPサイト名]に「任意の名前」と入れ、物理パスに「FTPユーザのログインディレクトリ」を入れ[次へ]

[IPアドレス]のプルダウンから「ローカルIP」を選ぶ。
[FTPサイトを自動的に開始する]にチェックが入っていることを確認し、[SSL]項目で「無し」を選択する。
[認証]項目で「基本」にのみチェックを入れ、[アクセス許可]で「指定されたユーザ」を選び、「(FTPユーザ名)」と入れる。
[アクセス許可]項目で「読み取り」「書き込み」にチェックを入れ[終了]を押す。

ログインディレクトリにアクセス権限を付加

[ログインディレクトリ]の上位ディレクトリまで移動する。
[ログインディレクトリ]を右クリック→プロパティ→[セキュリティ]タブ
→[編集]→[追加]→「FTPユーザ名」を入力し、[名前の確認]を押す。

[サーバ名\FTPユーザ名]になることを確認し、[OK]を押す。

[フルコントロール]にチェックを入れ、[適用]ボタンを押す。

※[testuser]フォルダに対して[FTPユーザ名]ユーザから[フルコントロール]許可されていることを確認
 [testuser]フォルダのセキュリティタブで確認可能

接続テスト

デスクトップ左下にある検索[虫眼鏡]アイコンを押し、[cmd]を起動。
サーバのローカルIPにて接続を行います。
作成したFTPユーザを指定し、パスワードを入力。

これで接続が行えました。

最後に

WindowsServerを触る機会はあまりないのですが、簡単にFTPサーバを構築することができました。GUIでの操作は直感的でわかりやすいですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA