AWS-CodePipeline

CodeCommitからCodePipelineを介してS3にデプロイする(デプロイテスト編)

こんにちは、ディーネットの山田です。

前回、CodeCommitからCodePipelineを介してS3にデプロイする環境を構築しましたが、今回はそのデプロイテスト編をお届けします。

目的

S3に配置して、WEB公開する静的ファイルをバージョン管理したい。

構築してみる

環境構築編にてCodeCommitとCodePipeline、S3を構築したと思いますが、実際にCodeCommitにコミットして、S3に静的ファイルがデプロイされるかを見て行こうと思います。
環境構築方法をご覧になりたい方は、環境構築編をご覧ください。

デプロイしてみる

本来は、VSCodeなどのIDEからブランチを作ってマージできればよいのですが、あくまでデプロイのテストということでCodeCommit上で行います。

developブランチを適当に作成する

developブランチにコミットする

developブランチからmasterブランチへプルリクエストを作成

プルリクエストでmasterへマージ


CodePipelineによってS3にデプロイされる

デプロイされたファイルにアクセス

デプロイされたファイルにブラウザからアクセス

気になったところ

CodeCommitのリポジトリに対してファイル削除を行ってもS3上では削除されないので、S3から手動削除するなどの対応が必要でした。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA