Amazon Elastic File System

CloudWatchのMetric Mathを使用してEFSで発生しているスループットを計算する

CloudWatchのMetric Mathを使用してEFSで発生しているスループットを計算する

こんにちは。SRE課の栩野です。

今回はEFSでスループット性能を拡張する際の参考として
実際にEFSで発生しているスループット(MiB/s)の1分あたりの平均値を
確認する方法について紹介します。

そもそもEFSのスループットとはなんぞやという方は
是非以前投稿したブログを参考にしていただければです。
Amazon EFS でバースト性能を確保したままスループットを拡張する

Metric Mathでスループットを計算する

それでは実際にEFSで発生しているスループットの1分あたりの平均値を
をMetric Mathで計算していきます。

内容は以下GitHubを参考にしています。
aws-samples/amazon-efs-tutorial

  1. AWSマネージメントコンソールからCloudWatchのサービス画面を開く
    https://ap-northeast-1.console.aws.amazon.com/cloudwatch/home?region=ap-northeast-1#home:

  2. [すべてのメトリクス]⇒[EFS]⇒[ファイルシステムメトリクス]

     

  3. 対象となる以下EFSの4つのメトリクスを上から順番に選択
    [TotalIOBytes]
    [DataWriteIOBytes]
    [DataReadIOBytes]
    [MetadataIOBytes]

  4. 選択できたら[グラフ化したメトリクス]をクリック

     
    デフォルトでは統計が[平均]の期間が[5分]になっているので
    統計[合計]の期間[1分]に変更する
     
    ※15日以上前のデータを確認する場合は、期間を[5分]に設定する必要があります

  5. Metric Mathで計算式を入力
    左上の[数式]をクリックし、[空の式で始まる]をクリック (×4回)
     
     
    空の式が4つできたら、それぞれ以下の通りラベルと詳細を入力

▼id:e1
ラベル: Total Throughput (MiB/s)
詳細 : (m1/1048576)/PERIOD(m1)
 
▼id:e2
ラベル: Data Write Throughput (MiB/s)
詳細 : (m2/1048576)/PERIOD(m2)
 
▼id:e3
ラベル: Data Read Throughput (MiB/s)
詳細 : (m3/1048576)/PERIOD(m3)
 
▼id:e4
ラベル: Metadata Throughput (MiB/s)
詳細 : (m4/1048576)/PERIOD(m4) 

 

 
それぞれのスループットの値を1048576で割ることで、MiBに変換し
期間で割ることで、期間あたりの平均スループットを計算することができます。

e1の式に設定した「Total Throughput (MiB/s)」が、e2~e4全ての
スループットを合計した値になります。

スループットの拡張を考える際には、直近の「Total Throughput (MiB/s)」の値を
参考にすることで、必要となるスループットを予測することができます。

あとがき

今回はスループット(MiB/s)1分あたりの平均値を計算しましたが
その他の計算式や、各計算式が盛り込まれたCloudWatchダッシュボードを
作成するCloudFormationのスタックが以下GitHubで公開されているので
是非参考にしてください。
aws-samples/amazon-efs-tutorial

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA