FSx for Windows File Server でファイルサーバを♪(1)

はじめに

ディーネットのよろず請負の深見です。

ここ最近、案件対応の中で AWS 環境でファイルサーバを!となり、Amazon FSx for Windows File Server を検討/提案をする機会が増えてきました。

そこで、今回は FSx for Windows File Server を軽く立ててみようと試しましたので、それをご紹介します。

Amazon FSx for Windows File Server

 FSx for Windows File Server とは、Windows Server のファイルサーバ機能を AWS がマネージドサービスとして提供するサービスになります。高可用性かつ高性能の Windows ファイルサーバを提供します。

 AWS のマネージドサービスになりますので、これまでオンプレミスでファイルサーバを運用している際のようにハードウェアの運用管理をする必要はなくなります。ハードウェアの障害などが発生すると AWS 側で復旧の対応をしてくれます。(FSx の構成によっては、復旧までの間、ダウンタイムが生じます)

 なお、FSx for Windows File Server を利用して、ファイルサーバを構築するには、Microsoft Active Directory (AD サーバ) が必要となります。AD サーバについては、AWS が適用する Amazon Directory Service for Microsoft Active Directory (AWS Managed Microsoft AD) の利用もしくは EC2 インスタンスで Windows Server を立てて、セルフマネージドで AD サーバを構築するかでの対応が必要になります。

※オンプレにて既存で AD サーバがあり、これを利用することも
  AWS の別サービスの AD Connector を利用することで可能です。

検証構成について

今回の構成は以下の通りです。

FSx System Design

以下の順番でファイルサーバの構築および確認を進めます。

(1) AD サーバの構築
  今回は、Windows Server (EC2) を用意して、これを AD サーバとします。

(2) ネットワーク設定 (セキュリティグループ) について
  ファイアウォールの設定では、若干注意する必要があります。

(3) FSx for Windows File Server の構築
  FSx の構築をします。

(4) 動作確認など
  構築したファイルサーバへのアクセス確認などをします。

おわりに

今回は、ほんのさわりとして、ここまで。
次回からは上記の内容に沿って、FSx for Windows File Server によるファイルサーバの構築についてを何回かに分けてご紹介していきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA