最新の vSphere 環境を Nested 構成で構築しよう!(第3回)

はじめに

ディーネットのよろず請負の深見です。

前回までは、物理 ESXi ホスト上に本題の vSphere 7.0 U1 環境の構築をご紹介しました。

時間が相当に経ちましたが、前回から続きと参ります。

今回は、vCenter Server Appliance (vCSA) の導入構築となります。

Nested 版 vSphere 7.0 U1 環境構築 ~ その3

さて、ここからは、本題の vSphere 環境の中心となる vCSA の構築のお話となります。

※事前に以下を行っておいてください。

  • vCSA のインストーラーの ISO イメージファイルのダウンロード

相応の容量がありますが、このファイルが以降で必要となります。ダウンロードは、MyVMware のユーザーアカウントが必要です。
既に ESXi ホストの構築を行っていれば、そのインストール ISO イメージをダウンロードしているはずですので、あわせて VCSA のダウンロードも行っておけば良いでしょう。

vSphere_7.0u1_Environ-10

vCSA の導入(インストール)

(1) vCSA のインストーラーの起動

  • 事前にダウンロードした vCSA インストーラー ISO イメージにあるインストーラーを起動します。

     Windows PC であれば、ISO イメージにファイルをダブルクリックすると展開するので、フォルダを辿って探せば OK です。
    vcsa-ui-installer フォルダ下にある installer.exe を実行します。
     実行すると以下のように起動します。

vSphere_7.0u1_Environ-11
 [インストール]をクリックします。

(2) ステージ1: vCSA のインストール

① インストールの概要が表示されるので、確認したら [次へ] をクリック

vSphere_7.0u1_Environ-12

② エンド ユーザー使用許諾契約書の内容を確認し、[次へ]をクリック

  • [使用許諾契約書の条項に同意します] をチェック

vSphere_7.0u1_Environ-13

③ デプロイ ターゲットの必要項目の入力

  • ESXi ホスト名または vCenter Server 名:[ 物理ESXi ホストの IP アドレス ]
  • HTTPS ポート: 443
  • ユーザー名: root
  • パスワード: (任意のパスワード)
    ※次回以降の vCSA 構築およびクラスタ構築に関係してきます。

vSphere_7.0u1_Environ-14

④ 「証明書に関する警告」への同意

  • 「証明書に関する警告」が表示されますが、ここでは[はい]をクリック

vSphere_7.0u1_Environ-15

⑤ vCenter Server 仮想マシンのセットアップ

  • 以下の項目を入力します。

    • 仮想マシン名: (任意の名前)
    • root パスワードの設定: (任意のパスワード)
    • root パスワードの確認: (上記のパスワード)

    ※上記を入力後、[次へ]をクリック

vSphere_7.0u1_Environ-16

⑥ デプロイ サイズの選択

  • デプロイする vCenter Server のスペックを選択します。
    • デプロイ サイズ: 極小 (任意で選択)
    • ストレージ サイズ:大 (「デフォルト」と「大」、「特大」のいずれかを選択)

vSphere_7.0u1_Environ-17

⑦ データストアの選択

  • データストアが複数ある場合は、その中から選択し、[次へ]をクリック

vSphere_7.0u1_Environ-18

⑧ ネットワークの設定

  • vCenter Server のネットワーク設定をします。
    • ネットワーク: VM Network ( 複数あれば、任意を選択 )
    • IP バージョン: IPv4 ( IPv4 or IPv6 を選択 )
    • IP 割り当て: 固定
    • FQDN : ( 任意の FQDN を入力 )
    • IP アドレス: 172.16.20.211
    • サブネット マスクまたはプリフックス長: 255.255.255.0 ( or 24 )
    • デフォルト ゲートウェイ: 172.16.20.254
    • DNS サーバ: ( 任意の DNS サーバを指定 )
    • 共通ポート: HTTP (80)、HTTPS (443)

vSphere_7.0u1_Environ-19

⑨ ステージ1の設定の確認

  • ステージ1で設定した内容が表示されますので確認し、[完了]をクリック

vSphere_7.0u1_Environ-20

⑩ インストール開始

  • vCenter Server のインストールが開始されます。
     インストール完了までにしばらくかかりますので、珈琲片手に気長に待ちましょう。

vSphere_7.0u1_Environ-21

 ※インストールが完了すれば、ステージ1はここで終了となります。

vSphere_7.0u1_Environ-22

引き続き、『ステージ2: vCenter Server の設定』に進むのですが、その前に次の作業を行います。

ステージ2の作業の前に・・・

vCSA のインストールが完了しましたが、ここでステージ2に進むために必要な前作業をリモートコンソールにて行います。
※標準でホスト名は DNS により名前解決しますが、今回は検証環境なので手っ取り早く サーバ (vCSA) がもつ hosts ファイルで静的に名前解決できるようにします。

① vCSA のリモートコンソールを起動し、ターミナルに切り替えます。

  • [Alt]+[F1] でログインプロンプトを表示します。

vSphere_7.0u1_Environ-23

② root でログインします。

vSphere_7.0u1_Environ-24

③ shell モードへ移行

  • "shell" と入力し、Enter を押下。

vSphere_7.0u1_Environ-25

④ 「/etc/dnsmasq.conf」を編集します。

  • エディタ (viなど) で赤枠の箇所を編集し、保存します。

vSphere_7.0u1_Environ-26

⑤ 「/etc/hosts」を編集します。

  • エディタ (viなど) で赤枠の箇所を追記し、保存します。

vSphere_7.0u1_Environ-27

⑥ dnsmasq サービスを再起動します。

  • 再起動後、逆引きで vCSA の ホスト名 (FQDN) を引けること確認します。

vSphere_7.0u1_Environ-28

これで、ステージ2への前作業は完了です。

おわりに

今回、これで vCSA のインストールが完了しました。

次回は、いよいよ vCSA の仕上げとなります。

この設定作業が完了すれば、Nested 版 vSphere 7.0 U1 環境がほぼ完成となります。

あと一息ですが、本日はここまで・・・。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA