Amazon Ec2

Amazon EC2にKali linuxを入れて、日本語化やRDP接続までやってみた

はじめに

こんにちは!

私は現在テレワーク中ですが、毎朝ヨガをするようにしています。
運用不足の解消になるほか、頭が冴えますよ!

朝ヨガ大好きエンジニア森屋でございます!

今回は、ある用で「Kali linux」を入れることになったので、せっかくだからEC2で入れたらどうだろうということで、やってみました。

意外と参考にできる記事が見つからなかったので、この記事が誰かの助けになればと。

※Kali linuxには様々な攻撃ツールが用意されていますが、悪用厳禁です。攻撃検証をするのは、許可ある環境か自身の環境に留めましょう(こんな記事を見ている時点で、悪用しても足がつくでしょうけど)
 (あと、AWS上のインスタンスから攻撃を行ったら、たぶんAmazonさんから怒られます)

EC2インスタンスの作成

EC2インスタンスの詳細な作成手順は省略します。

AMIの選択画面では、AWS Marketplaceにて「kali」で検索しましょう。
執筆時点の最新版は、「Kali linux 2020.4」です。

AMI選択

起動が完了すると、「kali」ユーザでSSHログインできます。
パスワード設定は無しで、作成の際に割り当てた秘密鍵で認証を通ります。

初期設定

まずは、快適に利用するために初期設定を施しましょう。

●kaliユーザにパスワードを設定
$ sudo passwd kali
任意のパスワードを設定

●ホスト名の設定
$ sudo set-hostname {ホスト名}
$ sudo vi  /etc/cloud/templates/hosts.debian.tmpl
※名前解決できないホスト名にした場合、追記しておかないとsudoの度にエラーが出力されたりします
※/etc/hostsの編集だと、サーバを再起動するとリセットされちゃいます(2021/01/22追記)

●日本語化
$ sudo vim /etc/locale.gen
 →ja_JP.UTF-8の行のコメント(#)を解除
$ sudo locale-gen
$ sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8
$ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

RDPの設定

Kali linuxのコミュニティページにある以下のドキュメントを参考に進めます。
https://www.kali.org/docs/general-use/xfce-with-rdp/

●パッケージを最新版にしておく
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get dist-upgrade

●基本的なツールをインストール
$ sudo apt install kali-linux-default
※ほかに入れたいメタパッケージがあれば、
https://www.kali.org/docs/general-use/metapackages/

●xrdpをインストール
$ sudo apt-get install kali-desktop-xfce xorg xrdp

●RDPの起動ポート変更
$ sudo sed -i 's/port=3389/port=3390/g' /etc/xrdp/xrdp.ini
※攻撃対策です。セキュリティグループで制限していたら、実施する必要はありません

●自動起動の有効化
$ sudo systemctl enable xrdp --now

●念のための再起動
$ sudo reboot

RDP接続

上記までの手順で、xrdpを使ったRDPができる状態でインスタンスが起動してきます。
あとはクライアントPCから、リモートデスクトップするだけです。

ただしこの手順では、xrdpの待ち受けポートを3389から3390に変更しています。
接続先は「IPアドレス:3390」と指定しましょう。

RDP接続設定

次に、xrdpの認証画面が出てきます。kaliユーザでログインしましょう。

Session:Xorg
username:kali
password:設定したパスワード

xrdpログイン画面

Kali linuxのデスクトップ画面が出たら、成功です。
色々なツールが取り揃えられており、本当便利ですよね。

デスクトップ

おわりに

重ねて言いますが、悪用は厳禁です。あくまでペンテスト用のOSです。

ところで、Prime Videoでも見られる「MR.ROBOT」というアメリカのドラマシリーズをご存知でしょうか。

あるスーパーハッカーが薬物中毒に悩まされながらも、世界的な事件に巻き込まれつつ暗躍していく物語なのですが、ハッキングシーンがしっかりと描かれており、そういった点でも我々の興味をそそる内容になってます。

そんな主人公が使う端末でも、Kali linuxが頻繁に登場するんですよねー。「おー」ってなります。
話自体も面白いですよ。長いですが。

以上です。お読みくださり、ありがとうございました。

ではまた!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA