AWS-Amplify

AmplifyでCognitoによる認証画面を実装する(React)

こんにちは。
週末夜はサッカー観戦漬けのSRE課栩野です。

AmplifyでCognitoによる認証画面を実装する(React)

今回のネタはAmplifyを使ってReactで
Cognitoの認証画面を実装する方法です。

実際の認証画面はこんな感じです。
(画面のカスタマイズは別のブログで紹介します)

動作として、Cognito未認証の状態だと強制的にログイン画面に飛ばされ
認証済みの場合は、通常のWEBページが閲覧できます。

やってみる

それでは、さっそく実装していきます。

準備しとくこと

既にAmplifyでReactプロジェクトが作成されていることが前提になります。

Reactプロジェクトの作成方法は、過去に投稿した以下ブログで紹介しています。
AWS Amplify を使ってみた (Reactアプリの開発環境作成まで)

実行環境

  • Amplify CLI 5.3.0
  • yarn 1.22.5

実装手順

実装前は、Reactプロジェクトのデフォルト状態で
Amplifyにデプロイしてる状態から始めます。

まずはCognitoの実装に必要な
Amplify Libraryをインストールします。

$ yarn add aws-amplify @aws-amplify/ui-react

次にAmplify CLIでCognitoを作成します。

$ amplify add auth

// 以下質問に対話形式で回答してきます。

// (デフォルトの認証およびセキュリティ設定を使用しますか?)
// ⇒「Default configuration」を選択
 Do you want to use the default authentication and security configuration? (Use arrow keys)
> Default configuration
  Default configuration with Social Provider (Federation)
  Manual configuration
  I want to learn more.

// (どのようにしてユーザーがサインインできるようにしたいですか?)
// ⇒Usernameを選択(矢印で移動、スペースキーで選択)
 How do you want users to be able to sign in?
 ( ) Email
>(*) Username
 ( ) Phone number

// (詳細設定を行いますか?)
// ⇒「No, I am done.」を選択
  Do you want to configure advanced settings? (Use arrow keys)
> No, I am done.
  Yes, I want to make some additional changes.

Successfully added auth resource blogtested51583a locally
↑が表示されればOKです。

次に以下のコマンドで作成したCognitoをAmplifyに反映させます。

$ amplify push

// Authの部分がCreateになっていることを確認して「y」を入力
| Category | Resource name    | Operation | Provider plugin   |
| -------- | ---------------- | --------- | ----------------- |
| Auth     | **************** | Create    | awscloudformation |
| Hosting  | **************   | No Change | awscloudformation |
? Are you sure you want to continue? (Y/n) y

少し待って「✔ All resources are updated in the cloud」が表示されたら完了です。

これでAmplifyへの反映も完了しました。
超お手軽、爆速です!

最後に、実際にWEBページを閲覧する際に未認証の場合は
強制的にログインページを表示するようにReactのコードを修正します。

「App.js」をエディタで開き、AmplifyAuthenticatorで
認証が必要な部分をラップするよう、以下修正します。

import logo from "./logo.svg";
import "./App.css";

// 以下3つのimportを追加
import { AmplifyAuthenticator } from "@aws-amplify/ui-react";
import Amplify from "aws-amplify";
import awsconfig from "./aws-exports";

// 以下で作成したCognitoをAmplifyで利用できるよう読み込ませる
Amplify.configure(awsconfig);

// <AmplifyAuthenticator></AmplifyAuthenticator>で認証後に表示させたい部分を囲む
function App() {
  return (
    <AmplifyAuthenticator>
      <div className="App">
        <header className="App-header">
          <img src={logo} className="App-logo" alt="logo" />
          <p>
            Edit <code>src/App.js</code> and save to reload.
          </p>
          <a className="App-link" href="https://reactjs.org" target="_blank" rel="noopener noreferrer">
            Learn React
          </a>
        </header>
      </div>
    </AmplifyAuthenticator>
  );
}

export default App;

※他にも条件式を使って未認証の場合はログインページに遷移させる方法や
 「withAuthenticator」を使った方法がありますが、今回は説明を省きます。
 詳しくは以下公式ドキュメントに載ってるのでご確認ください。
 Amplify Authenticatorドキュメント

これで全ての実装が完了しました。
実際にローカル環境で動作確認してみます。

$ yarn start

http://localhost:3000/ が立ち上がり
デフォルト状態のログイン画面が表示されました。

サインアップも行えるので、「Create account」をクリックして
ユーザを作成してみます。

デフォルトの状態では、ユーザ名、メールアドレス、電話番号などが
求められるため、とりあえず以下の感じで入力します。

(メールアドレス宛に確認コードが届きます。
電話番号は81が日本で、090の場合あ90から入力)

すると、登録したアドレスに確認コードが届きます。

確認コードを入力し、サインアップを完了させ
作成したユーザでサインインすると...

無事ログインでき、Reactのデフォルトページが閲覧出来ました!

作成したユーザは、Cognitoのコンソールもしくは
Admin UIを有効にしている場合は、そこから管理することが出来ます。

またサインアウトボタンは
以下の通り、AmplifySignOutのコンポーネントを追加することで実装できます。

import logo from "./logo.svg";
import "./App.css";

// AmplifySignOutをimportに追加
import { AmplifyAuthenticator, AmplifySignOut } from "@aws-amplify/ui-react";
import Amplify from "aws-amplify";
import awsconfig from "./aws-exports";

Amplify.configure(awsconfig);

// <AmplifySignOut />を追加した箇所にボタンが作られます
function App() {
  return (
    <AmplifyAuthenticator>
      <div className="App">
        <header className="App-header">
          <img src={logo} className="App-logo" alt="logo" />
          <p>
            Edit <code>src/App.js</code> and save to reload.
          </p>
          <AmplifySignOut />
          <a className="App-link" href="https://reactjs.org" target="_blank" rel="noopener noreferrer">
            Learn React
          </a>
        </header>
      </div>
    </AmplifyAuthenticator>
  );
}

export default App;

サインアウトボタンが表示されました!

Amplify側に修正したコードを反映させる場合は
amplify publishを実行します。 (Manual deploymentの場合)

$ amplify publish

以上でCognitoの実装は完了になります。

あとがき

はじめてやる時は情報集めに苦戦しましたが
一度やり方を覚えると、かなり手軽に実装できます。
(過去jsで実装した際はだいぶ苦戦しました...)

また今回はデフォルトの認証画面のままで
文字が英語だったり、不要な項目(電話番号とか)があったりと
実際に利用するにはかなり使いづらい部分があるので、次回のブログでは
UIや項目のカスタマイズをやってみようと思います。

以上、最後までありがとうございました!

参考

Amplify Authenticatorドキュメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA